ママ薄毛事情

奥様の薄毛には、女性用の育毛剤としてまさにメンテナンス!

 

薄毛と聞くと夫の苦痛だという予想がありますが、女性でも耐えるお客様は多くいます。髪はママのいのち、寧ろ夫よりも深刻に耐える、というお客様は珍しくありません。但し薄毛を解決したいから、とパパの育毛剤を借り上げるのはおすすめしません。というのも、夫といったマミーでは薄毛の原因に違いがあるからです。育毛剤はそのトリガーに働き掛けるように作られているので、女性が男育毛剤を使っても、あまり結末を感じることができないのです。

 

男子の薄毛は、男子ホルモンが原因で起こります。男子ホルモンが髪を生み出す毛女細胞で、ジヒドロテストステロンという物質に差、髪の拡張を妨げるようになってしまう。40費用以上、薄毛で考え込む男性が目立ちやるのが、年頃にてこういう男子ホルモンの分泌が活発になるからです。なので男性育毛剤は、こういうジヒドロテストステロンの産出を抑制するためものが中心になっています。フィナステリドやノコギリヤシなどが一例で、薄毛の原因となる物質が生まれることを防ぎ、薄毛を予防する働きがあります。

 

対して女子の薄毛は、女子ホルモンのダウンが起こる結果ホルモンばらまきが壊れることが原因となる場合が多いです。更年期や産後などのタイミングで薄毛になってしまう人が多いのは、ホルモンのばらまきが崩れる時代だからなのです。女子ホルモンの一つ、エストロゲンには髪を健康に育て上げる効果があります。ただしホルモンバランスが崩れてその分泌が滞ってしまうと、髪が賢く育たず、細かく量のない状態になってしまう。

 

女性用育毛剤は、減ってしまったママホルモンをまかなう影響を持っているものがあります。たとえばイソフラボン。大豆イソフラボンはママホルモンものの働きをするためお馴染みですが、頭髪お母様細胞を活性化させて元気な髪を増やしてもらえる機能もあります。また、スカルプに直接塗りつけるユニットの育毛剤は、乾きを防いだり血流を良くするため元気な髪が生えるのをサポートしてくれる。